中国語文法 中国語連体修飾語 中国語連用修飾語

中国語の連体連用修飾語の使い方

中国語の連体連用修飾語

中国語の修飾語は文中で他の語句に追加内容などに説明を加える語句の事を言います。
修飾語は大きく分けて2点があります。

名詞に追加内容を説明するために修飾するものを「連体修飾語」、動詞や形容詞に同じく修飾するものを「連用修飾語」と呼びます。
「連体修飾語」「連用修飾語」の使い方に付いて詳しく解説していきます。

中国語の文の成分は全部で6種類存在します。
「主語・述語・目的語・定語(連体修飾語)・状語(連用修飾語)・補語」

定語dìngyǔ(連体修飾語)

定語(連体修飾語)は後に来る「名詞・代名詞」を修飾します。
定語になれるものは 「名詞・形容詞・動詞・前置詞フレーズ」があります。

「名詞・代名詞」を更に詳しく説明する役割があります。
定語(連体修飾語)の基本形は、

「名詞・形容詞・動詞・前置詞フレーズ」+的+「名詞・代名詞」

我的朋友。
---私の友達。

你的名字。
---あなたの名前。

来的人。
---来る人。

我要的书。
---私の欲しい本。

很漂亮的房子。
---綺麗な部屋。

从日本来的老师。
---日本から来た先生。

形容詞の場合は、「程度副詞+形容詞+的」や「重ね型」にして名詞を修飾する事が多いです。

挺贵的衣服。
---高額な服。

厚厚的地毯。
---ぶ厚いじゅうたん。

的の省略

密接に結びついた連体修飾語と名詞の場合には「的」を省略する事ができます。

人称代名詞+「所属機関」「親族」

我妈妈。
---私の母。

你们大学。
---あなた達の大学。

她们学校。
---彼女の学校。

密接に結びついた関係

中国留学生。
---中国留学生。

酸苹果。
---酸っぱいリンゴ。

新书。
---新しい翻。

大雨天。
---大雨の日。

日文菜。
---日本料理。

状語zhuàngyǔ(連用修飾語)

状語(連用修飾語)は後に来る動詞を修飾します。
「状態・程度・時間・場所」など動詞の詳細を現わす事ができます。

連体修飾語の「的」と連用修飾語「地」は同じ「de」と言う発音ですので注意が必要です。
連用修飾語の「地」は使う場合と使わない場合が曖昧ですので、実際の文章で覚えるのが一番です。

「的」と「地」の見分け方は、そのあとが「名詞なら連体修飾語の的」「動詞なら連用修飾語の地」となります。
高兴 _ 看电视----地(看は動詞だから)
这个你 _ 衣服----的(衣服は名詞だから)

感动地说。
---感激しながら話す。

怀疑地说
---疑わしそうに話す。

热情地招待。
---熱心にもてなす。

大胆地想。
---大胆に考える。

安安静静地睡觉。
---安らかに眠る。

细心地算。
---注意深く計算する。

清楚地写了。
---ハッキリと書いた。

很顺利地办好了。
---順調に行った。

非常详细地介绍了。
---非常に細かく紹介しました。

手忙脚乱地解开了包袱。
---慌てて包みを開けた。

地の省略

・1音節の形容詞

快走。
---早くいく。

慢跑。
---ジョギング。

・副詞

马上回来。
---すぐに戻ってくる。

・時間詞

明天去。
---明日出る。

・助動詞

应该去。
---行くべきだ。

地があっても無くても良い

努力(地)工作。
---頑張って働く。

非常(地)愉快。
---とても楽しい。

认真(地)学习。
---·一生懸命に勉強する。

まとめ

連用修飾語は下記の3つのパターンに分かれます。

①地を付ける時
・動作性フレーズ・形容詞フレーズなどのフレーズ
②地を付けない時
・1音節形容詞の場合
③地を付けても付けなくてもどちらでもOK
・多くの2音節形容詞、形容詞の重ね型、数量詞の重ね型、副詞

中国語の発音

中国語の発音は下記を参考にピンインと声調を見るだけで正確な発音ができるようにしましょう。
何時までもネットの発音機能に頼って真似をしていたのでは、中国語を自分で発音できません。

四声図
中国語「四声」のポイント~声調を間違えると大変

日本人が中国語の学習をしていて一番苦労する部分が四声です。 漢字一つではしっかりと四声を発音できても、文章になると途端に声調が分からなくなってしまいます。 先生やCDなどの中国文の発音を何度聞いても同 ...

続きを見る

中国語の子音の発音
中国語の子音の発音

中国語には全部で21個の子音があります。 日本人の馴染みのあるローマ字とは違った発音をしますのでしっかりと理解しましょう。 中国語の子音で日本人が悩む場所も特定されていますので、その部分は特に練習が必 ...

続きを見る

中国語母音発音方法
中国語の母音の発音

中国語の母音は、全部で36個あります。 日本語は5個ですので、31個更に母音を発音できるようにしなければいけません。 母音は大きく分けて、「短母音」「複母音」「鼻母音」の3つのカテゴリーに分かれます。 ...

続きを見る

-中国語文法, 中国語連体修飾語, 中国語連用修飾語
-, , ,

© 2021 60代からの中国語マスター方法!効率化と継続力