中国語副詞 中国語文法

中国語の否定「不」「没」の違い

2020-11-05

不没の違い

中国語の否定文に使う副詞に「」「」があります。
中国語を習い始めの頃に勉強をするのですが、いつしか忘れてしまます。

ここでしっかりと「不」「没」の使い方の違いについて復習しておきましょう。(^^♪

méiの違い

否定する場面を過去、現在、未来で分けますと。

過去---没

現在---不,没

未来---不

と覚えておきますと、過去の出来事にはは使用できない事が分かります。

我昨天不上课。 

我昨天没上课wǒ zuótiān méi shàngkè

---私は昨日会社に行きませんでした。
過去の出来事ですので、没を使用するのが自然です。

没は過去の否定で、不は現在・未来の否定とも言えます。

不には、意識的(主観的)に何かをしない意味があるのに対して、没は、(客観的に)何かできなかったなど事実をそのまま述べています。

我不结婚wǒ bù jiéhūn
---私は結婚する気がありません。

我没结婚wǒ méi jiéhūn
---私はまだ独身です。

我不参加wǒ bùcānjiā
---私は参加しません。

我没参加wǒ méi cānjiā
---私は参加できません。(参加できませんでした。)
※事情があって参加できない感覚です。

我今天不晚饭wǒ jīntiān bù wǎnfàn
---私は今日夕食は食べません。

我今天没晚饭wǒ jīntiān méi wǎnfàn
---私は今日まだ夕食を食べていません。

簡単な否定の文ですけど、間違えて使用すると相手に全く違う印象を与えてしまいます。
しっかりと使用方法を身に付けておきましょう!

不には継続的にその状態が続いている意味もあります。

他在家码?
---彼は家にいますか。

他没在家。
---いまちょっといないです。

他不在家。
---しばらく家にいません。
※出張か何かで家をいないなど。

他不在了。
---彼は死亡しました。
※彼がいない状態が継続して完了を意味する「了」が付いていますので、ずっといない事から死を意味します。

不を没は間違えるととんでもない事になりますので要注意です。(^^♪

新単語(生词)

上课 结婚 参加 晚饭shàngkè jiéhūn cānjiā wǎnfàn

会社(学校)などに行く。 結婚 参加

夕飯

文法のポイント(语法要点)

「不」---意識的に行わない。

「没」---客観的な事実。

-中国語副詞, 中国語文法
-,

© 2021 60代からの中国語マスター方法!効率化と継続力